モダンの禁止、雑感。

あー、あけおめ記事書くの忘れた。今年もよろしくお願いします。

 

 

んで。MTGの禁止改定ですね。

mtg-jp.comオパモ、オーコ、マイコシンスラティスの禁止となっております。

 

以下それぞれの雑感。

○オパモ

まあこれまで禁止にならなかったのが不思議なカードである。デッキ構築の制約が存在するものの、その制約の中でマナを加速することのできるカード。

ウルザのデッキが強いって言ってるのに、ウルザ禁止しないのが割と意味わからないんだけど、まあ昔から監視されてるって言ってたし、仕方がないのかな、と言う印象ではある。ウルザを禁止しなかったことによって、ウルザソプターについてはコンボが壊れておらず、ターン数が伸びただけ、と言ったところで落ち着いている。

一方で、純鋼ストームや親和などが勝手に煽りを受けて死滅するという悲しみ。

あと、個人的にはまさに時の篩(ウルザソプター)を使っている身だったので残念っちゃ残念。

 

○オーコ

強さ的、環境支配率的に残当

個人的には、このゲームの根幹を成す(と思っている)クリーチャーを否定し、ついでにアーティファクトまで否定するという能力を持っているので、禁止禁止あまり言いたくはないのだが全フォーマットから消えてほしい。特にEDHではジェネラルあいつで封殺されるのはカジュアルフォーマットとしても結構致命的だと思うんですが…

 

○マイコシンスラティス

そこ禁止するんだ。と言ったところ。

マイコシンスラティス自体は悪いことをしていないが、カーンとか言う相方が発生してしまったせいで禁止になった不遇の存在。

確かに、1枚コンボと言うところは問題ではあるが、1ターンでは10マナ、2ターンかけても6マナ必要なコンボであり、速度自体は遅めなのでそこまで気にする必要はなかったのではないかと言う印象。

はっきり言って、ウルザを弱くするとトロン一強になるからトロンからなんか引っこ抜いておかにゃあかん、と言う禁止に見える。前の禁止監視的には古きものの活性と言う話をしていたが、トロンを揃いにくくするという話をするならば、探検の地図あたりを禁止にしておけばよかったのではないか、とは思う。

 

 

まあなにせよ環境は変わる。適応するしかないね。頑張っていきましょう。